外国人がクレジットカードを持つには

日本在住の外国人をとりまくクレジットカード作成の事情とは

外国人でもクレジットカードは持てる?

今や日本にはたくさんの外国人が定住しています。中には永住権を獲得している人たちもおり、そのような方が日本でクレジットカードを作りたいと考えるシーンもあるでしょう。クレジットカードを作る条件としてよく見られるのは『日本在住であること』という条件で、ほとんどの場合国籍については特に記載はされていません。ですので、もちろん外国人の方でも日本に居住していれば、日本でクレジットカードを作ることができます。

外国人の方がクレジットカードを作る際には、パスポート、在留カードや外国人登録証、特別永住者証明書などの提出を求められることがあります。各カード会社で異なるため、事前に確認しておきましょう。

また、条件として『日本語が理解できること』をあげているところもあります。クレジットカードは細かい約款がありますが、日本のカード会社の約款は当然日本語で記載されているため、その読解能力がなければ難しいといったところでしょうか。

外国人をとりまく厳しい現実

とはいえ、外国人の方でカード会社の審査に落ちてしまったという話をよく耳にします。カードが欲しくてあちこちに審査申請をしてもどこも通らず苦労している方もいらっしゃるようです。外国人だからといって特別な審査が行われているようなことはおそらくないでしょうが、戸籍がないため住所の追跡ができなかったり、万一返済できず裁判などになった場合、海外に逃亡されては裁判そのものが困難であるなど、様々な難しい事情もあるようです。

収入のない学生や専業主婦の場合は、外国人であるなしに関わらずやはり審査は通りにくいです。配偶者が日本人である外国人妻の方は、夫にカードを作ってもらい、その家族カードを利用するなど工夫も必要です。