ドル建てクレジットカードについて

海外生活するならドル建てクレジットカードを持つほうが有利?

日本のカードを海外で使うと実はデメリットが

海外旅行などで一時的に日本を離れる場合はともかく、留学や仕事の海外赴任などで長期的に海外に居住する場合、クレジットカードをどうするか大いに悩むところです。日本で作成できるクレジットカードは、ほとんどの場合国際ブランドと提携していますので、その国際ブランドの加盟店であれば海外でももちろん使用できます。

しかし、海外ではもちろん通貨は円ではありません。例えばアメリカで買い物をした場合、商品代金はドルになりますが、それを日本のクレジットカードで決済すると、両替手数料がかかってしまいます。また、適用される為替レートは決済した当日のものではなく、お店側が計上した際のレートになりますので、はっきりした金額がわかりにくいという難点もあります。

海外では日本以上にクレジットカードが活用され、特にアメリカはカード大国と言われるほど。もしアメリカに長期滞在するようなことがあれば、円で支払うクレジットカードで買い物を続けると、両替手数料を払い続けることになってしまい、大きな損をしてしまいます。そんな時、ドル建てのクレジットカードを持っているととても便利です。アメリカに限らず、ドルで支払いのできる国は多いため、海外での転勤を繰り返す人などは1枚は持っておきたいですね。

ドル建てのクレジットカードを作ろう

それなら是非ドル建てのカードを作りたい!と思うところですが、ドル建てのクレジットカードを作るには、ひとつ注意が必要です。それは、日本でこつこつ積み重ねてきた信用情報は海外では一切反映されないということ。何の信用実績もない外国人がいきなり口座を開設してクレジットカードを作るのは、やはりなかなか難しいようです。

ただし、日本の航空会社と提携している一部のクレジットカードは、日本の信用情報を参考にカードが作れるとのことなので、まずはそれを利用してドル建てのカードを1枚作り、こつこつと利用履歴を積み重ねた上で、好きなカードを作るのが確実といえます。

また、海外でのクレジットヒストリーがなくても、銀行系のクレジットカード、特にメインバンクのクレジットカードであれば比較的審査に通りやすいようです。