クレジットカード利用とセキュリティ

入力前に必ずチェック!オンライン決済のセキュリティのしくみ

インターネット経由のカード利用とセキュリティ

インターネットが普及した昨今、ネットショッピングやネットオークションなどでクレジットカードを使う機会は格段に増えました。クレジットカードの番号と有効期限、氏名の入力で決済できるため非常に便利ですし、インターネット通販サイトの多くはクレジット決済を取り入れています。

ですがインターネットといえば、情報流出などの問題も多数発生しており、大事なカード情報が流出してしまうのではと不安に思う方は多いことでしょう。

インターネットでのクレジット決済には、カード番号など大事な情報が外部に漏れないよう、セキュリティ対策が行われています。その代表的なものがSSLと呼ばれるシステムです。入力された情報を暗号化して送信するセキュリティシステムで、データのやりとりをしている最中に、内容を覗き見たり改ざんしたりできないようになっています。また、より安全に利用できるよう、SSLのシステムそのものも改良が重ねられています。

入力画面がSSLのセキュリティシステムに対応しているかどうかは、入力画面のURLを見ればすぐにわかります。通常ホームページのURLは『http://~』から始まりますが、SSLが導入されているページのURLは『https://~』と『s』が入っています。また、ブラウザがインターネットエクスプローラの場合、ウインドウの右下に小さく鍵のアイコンが表示されるので、大変わかりやすいです。

セキュリティシステムのないフォームにクレジットカードの番号を入力したり、通常やりとりするメールにカード番号などの情報を記載するのは、情報流出の可能性があり大変危険です。

セイキュリティコードとは

最近では、クレジットカード利用の不正をさらに防ぐため、特に海外ではセキュリティコードを利用することが増えています。セキュリティコードとは、カード裏面の署名欄の丈夫に、小さく記載されている番号の、右端三桁の数字のこと。カード会社によってはカード番号とは別に、表面に四桁の数字で記載されていることもあります。

このセキュリティコードはカードの実物だけにしか記載されておらず、カードの所有者でなければ知り得ることのない番号なので、確かにカードの所有者であるという証明のため、オンライン決済時に入力を求められることがあるのです。